kaotrip blog

購入した電子書籍のメモなど

七つ屋志のぶの宝石匣 7 二ノ宮知子

新刊を発売日に定価購入。ぶつ切りに読んでいると、作品全体で呈示されている謎の存在を忘れそうになる。