kaotrip blog

購入した電子書籍のメモなど

Kindleは小説本専用機

Amazon Kindleを入手してから一年超。一番安いモデルのをキャンペーン価格で五千円を切ってた時に買ったのだけれど、強制表示される広告は気になる程でもないし、暗い場所では読まないのでバックライトが無くても問題無い。しいて言えば、漫画は画像なのでページめくりの際に少々もっさりしているのが難点かな……

f:id:kaotrip:20170301132436j:plain

ただ、無料本を入手して使い心地を確かめた後、ぼちぼち有料本も買い始めて気付いた。漫画は容量が大きいので、十数冊でアウト。しかも原因不明で最近は起こっていないけれど、気付いたらダウンロード完了した筈の本が消えていたりとか。これ、出先で続きがすんなり読めなかったら、相当苛々するわ!

というわけで、私のKindleは小説本専用機と化しました。元々それしか想定して作ってないのだろうね。でも、漫画読みにとって、こんなに使えないコだとは思わなかったよ。文字データだけなら何千冊も行けるらしい。そんなに小説本持たないだろうから、永遠に余裕だわー。

小説より断然多く持っている漫画は、スマホKindleアプリで読んでます。ページめくりも滑らかだし、表紙がカラーで見れるのが嬉しい。正確な数字は把握していないけれど、ダウンロード冊数はKindleよりスマホの方が多めに行けてる模様。それでも四十冊くらいで古いのは順次消えていっているようなので、SDカードに保存させてくれるようになれば有難いのに。

広告を非表示にする