読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kaotrip blog

そのさびをつれづれなるままに

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティ

 アガサ・クリスティは何十冊も持っていたが、これを残して全部売ってしまった。この度Kindleを導入したので、定価購入。これで紙版のこの本も処分出来る……と思ったら訳者が違う。時代と共に基準が厳しくなった差別用語に対応させたらしい。

私が持っている紙版の旧訳では「インディアン島」が、この新訳では「兵隊島」といった具合。旧訳の固い文体は古いイギリスの雰囲気にも合っていたのに、新訳はそれが薄れた軽めの文体。好みの問題でもあるけれど。

そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)
 

 

広告を非表示にする