kaotrip blog

購入した電子書籍のメモなど

f34 memo 13

2013.10.06 西武戦 3-4

登板間隔を変えてのシーズン最終戦に先発した試合を、現地観戦。2-0から2-2、3-2と勝ち越した後の七回、先頭打者に死球を与えたところで降板。後継投手が牽制悪送球や四死球で走者を溜め、満塁から逆転タイムリーを浴びてしまう。勝敗は付かず。相手チームは…

2013.09.28 オリックス戦 ●0-8

三回、味方エラーが発端でランナーが溜まった後にスリーランを浴びる。自責点はゼロ。七回に安打などで一アウト一三塁になったところでスクイズされ、自らの野選もあって一アウト一二塁となる。スクイズはアウトに出来たような当たりにも見えたので、上手く…

2013.09.21 楽天戦 ●3-7

相手投手は開幕から21連勝負けなしという、異次元空間に逝っちゃってる田中マーさん。いい加減に何処かが止めなければ拙いだろう、というわけでFが送り出したのが320。勝敗数は酷いが、ここ最近の状態は昨年並みに近付きつつあり、期待していた人も多かった…

2013.09.14 ソフトバンク戦 ●1-2

前回132球完投から中五日での登板だったが、四球が多く球数が嵩み、六回で降りた。しかし、QSの二失点で文句あっか!?ヽ(`Д´)ノ 翌朝の紙面は「貧打」メインで320の扱いが小さかったので、当日の紙面より登板前の勇ましい姿のみで……

2013.09.08 楽天戦 ●1-3完投

降りしきる雨の中で好投していたが、八回で打たれたヒットが僅か四本のうちHRが二本。320が投げている間だけ土砂降り、相手投手の時は小降り、とツキも無かった。三失点でも勝てるケースはあるのに、なかなか上手く行かない……

2013.09.01 ロッテ戦 3-4

前回からの復調を裏付けるように、序盤から好投。3-0で迎えた五回は安打と四球で二死満塁にするも打ち取った……と思いきや、味方エラーで点を取られ、次打者に二点タイムリーを浴び、同点にされてしまった。その後は七回まで投げたが援護が無く、後続投手が打…

2013.08.25 オリックス戦 ○3-0

初っ端から四球とヒットで一二塁になり不安を覚えたが、以降は降板時まで大きなピンチ無し。二桁三振、更には完投完封も行けそう……と思わせてくれたものの、足に打球を受け、その直後に足も攣ってしまい、カウント1-1から投手交代。前回登板後、次戦まで間を…

2013.08.18 ソフトバンク戦 ●2-7

アクシデントでもなく球数も余裕があったのに、序盤で降板。ヒットの後にフライアウト、不運な内野安打で一アウト一二塁となった場面で交代となり、後続が抑えてくれたのでその回は無失点で終えたものの、それまでに毎回失点していたので仕方がないとも言う…

2013.08.11 ロッテ戦 ●1-5

先週に続き現地観戦。粘り強く投げたものの敗戦で、昨季MVP投手なのに両リーグ最速で10敗目を喫することとなった。被安打数は少ないが、四球4つが痛かった。また、途中降板し後続の投手に走者を返されたが、七回を投げ切っていれば最後の失点は無かったかも…

2013.08.04 楽天戦 ●4-14

今季登板試合での現地観戦は初となったのだが――非常に辛い結果となってしまった。フルカウントばかりで初回は三者凡退に終えたものの、以降はどんどん悪くなって行き、終いには抑えが全く効かない状態。個人としてもチームとしても、この時点でワースト試合…

2013.07.26 ソフトバンク戦 ●3-5

HR二発は事故で済まされる……というか済ましたいところだが、満塁からの走者一掃タイムリーが余計だった。長いイニングを投げられたのだけが収穫か。

2013.07.12 ロッテ戦 ●1-4

オールスター戦前の最後の登板。初回に一発打たれた後、二回以降も常に得点圏にランナーを置いている状態ながらも踏ん張っていたが、援護のないまま五回で降板。後続が打たれて更に引き離され、一失点で敗戦投手に。投球内容は良いとは言い難かったが、エー…

2013.07.05 オリックス戦 ●1-5

六回二失点なので数字上では先発の役割を果たしているが、素人目にもはっきり分かるボール球が多く内容が悪かった。後続がが打たれ、そのまま敗戦投手に……

2013.06.28 西武戦 ○2-1

前回登板で足が攣ったこともあって心配されていたが、六回途中まで無安打に抑える好投。しかし、七回に連打でピンチを招き、珍しく回の途中で降板させられた。ともあれ、約一カ月ぶりの六勝目。

2013.06.22 ロッテ戦 4-2

交流戦明けの第一戦目。前日のナイターが雨天中止となり、翌日デーゲームでのスライド登板。出だしはそこそこ順調そうに見えたが、三回は頭から雲行きが怪しくなったかと思えば、足が攣っての降板。一か月前にも同じことがあったが、クセになっていないこと…

2013.06.12 阪神戦 ●1-6

ゲーム終盤までノーヒットノーランという試合が続いていたので期待していたが、この日は初っ端からヒットを打たれて夢を断たれ、更には失点。四球からの被本塁打は更に余計だった。

2013.06.05 巨人戦 1-4

テレビの解説者達も唸る程、絶好調。強力打線を相手に、前々回と同じく七回途中までノーヒットノーランに抑えていた。しかし、八回に同点にされ、次の回で打順が回った際に代打を出されそのまま降板。八回の場面は、ランナーを出した時の分かり易い牽制、刺…

2013.05.29 広島戦 ○8-1

10奪三振という圧巻の投球、更にはプロ入り初ヒットがタイムリーで初打点のおまけつき。初回に浴びた一発はちょっとした事故ということで。

2013.05.22 ヤクルト戦 ○6-1

MVPを取った昨年の姿が戻って来た! というわけで、七回一アウトまでは四球一つのノーヒットノーラン、八回まで投げて僅か二安打。二塁を踏ませない圧倒的な投球で勝利。どうせならば九回も投げての完封劇を見たかったが、球数と痛めた肘の影響を考慮したの…

2013.05.15 中日戦 ●2-4

名球会入り投手・山本昌さんと背番号34同志の投げ合い。途中で足がつってひっくり返り、背負われてベンチに下がるも、志願してマウンドに戻って来たが――明らかに足の影響で良い球を放れていなかった。結局、シーズン初めての一発を浴びたところで降板。回の…

2013.05.09 楽天戦 ●2-6

翌週からの交流戦を睨んでのローテ入れ替えのため、中七日で登板。チームは四連敗中で止めることを期待されていたが、四球からタイムリーで一失点、単打から野選で失点。というわけで、防ぎようがあったのに、何でこうなるかなあ……

2013.05.01 楽天戦 ●1-4

序盤パーフェクトの滑り出し。しかし、味方エラーが度重なり、不運な失点。球数も嵩張り、六回で降板することになってしまった。相手はエース田中投手のため味方からの援護も貰えず、残念な二敗目。

2013.04.24 ソフトバンク戦 ○9-5

審判のストライクゾーンが異常に狭かった? 序盤で大量リードして気が緩んだ? 数字を見ると然程良くないが、今回も連敗ストッパーの役割を担った上で三勝目をゲット。

2013.04.17 ロッテ戦 ○3-2

ほぼ毎回、得点圏にランナーを置く苦しい展開だったが、好調な相手打線、負け続きの自チームのことを考えたら、十分な仕事と言える。

2013.04.10 楽天戦 ○6-0

七回ゼロ封! だが、被安打9、本塁刺殺2などの好守備に助けられての結果。ともあれ、今季初勝利。

2013.04.03 ロッテ戦 ●3-4

前日に予定していたのが雨で流れての、シーズン初登板試合。一回一死から連続死球、更に四球で満塁というピンチを招いたが、最後はズバッと三振に斬って取る。ほっとしたのも束の間、三回はアウトを取れないうちに連打連打で四失点。その後は立ち直り、あの…